網膜前膜とは?

岡山市北区きたばたけ眼科医院です。

◇◆網膜前膜◆◇

網膜の病気は、加齢とともに進行していくものがいくつかあります。その中で、今回は網膜前膜についてご説明させていただきます。

網膜前膜の症状として、ものが歪んで見えるが挙げられます。その原因などについてご説明させていただきます。

 

◆網膜前膜とは?

 

光を感じる膜(網膜)は眼球の後ろ側の内側に内張りされています。眼球の内部にはゲル状の物体(硝子体)があり、子供の頃は網膜と接着しています。加齢とともに硝子体も収縮して網膜から外れてきますが、これにより様々な病気を引き起こすことがあります。

 

網膜の中心部(黄斑部)にのみ硝子体の接着が残った場合、接着面に炎症が起こり、薄い膜が形成されてきます。この膜が徐々に厚くなり、収縮を起こすのが網膜前膜です。

 

◆網膜前膜の症状と診断

 

症状は、視野の正面あたり部分に歪んで見える部分が出現し、徐々に視力障害見進行してきます。

 

診断は、光干渉断層計(OCT)で網膜の断面を計測することです。瞳を拡げる目薬を点眼した上で、網膜の状態を確認して確定します。

治療は歪みの症状が強くなり、視力が下がりだした時に、手術で硝子体の切除と網膜前膜を剥離します。

 

◆網膜前膜の治療と手術

 

手術の時期についてですが、視力が下がり過ぎてからだと、歪みがなおらず十分視力を得られないことが有り得ます。かといって突然失明してしまうような病気ではないので、視力が良いうちは手術を急ぐ必要もありません。歪みが強くなり、視力が下がりだした段階に手術を行うのが一番効果的だと思われます。

再発率は1~2割ですが、手術が必要になるほど進行する人は20人に一人程度です。

 

視野の歪み

 

眼底写真:中心部に皺襞(しわ)」が寄っています

 

OCT:術前

 

OCT:術後

 

小児眼科もご相談ください。

きたばたけ眼科医院岡山市北区白内障緑内障小児眼科

きたばたけ眼科医院では、美容医療医療脱毛レーザーフェイシャル)も行なっております。

 

 

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

TEL 086-237-8838

〒071-1352 岡山市北区小山38-5

お問い合わせ

お問い合わせ