網膜細動脈瘤

光を感じる膜(網膜)は眼球の後ろ側の内側に内張りされています。この網膜の動脈に、動脈硬化性変化から発症する網膜細動脈瘤があります。視神経(網膜動脈の起始部)から分岐が3つ目までに好発します。通常片眼性で、両眼に発症する方は1割です。
患者様の持つ背景に高い高血圧や高脂血症、心疾患、脳血管疾患などのある60歳以上の方があります。

症状は、未破裂のものにはありません。破裂すると突然おこる視力障害、中心部の視野欠損などがあります。

診断は、散瞳検査を行って、直接動脈瘤や出血(網膜下出血、硝子体内出血)を確認することと、光干渉断層計(OCT)で網膜の浮腫を計測することです。

治療は未破裂の場合は基本的に経過観察のみです。破裂後も出血が少なく自然吸収される場合には経過観察です。出血が多く、黄斑部(網膜の中心部)に掛かっているときにはレーザー凝固を行います。硝子体出血がひかない場合や網膜下出血が多い場合には、手術で硝子体の切除と網膜下出血の除去を行います。

患者様背景の通り、基礎疾患がこの病気の原因ですから、血圧のコントロールを行わないと再発や悪化となります。

未破裂の状態

破裂直後

硝子体手術後