白内障手術を受けるべき時、受けるべき人とは?

白内障は、眼の中にある水晶体が、年齢とともに白く濁ったり、硬くなる病気です。

水晶体は水とたんぱく質でできています。そのたんぱく質が加齢などの要因でだんだんと変化し白く濁ってきます。

その結果として、水晶体全体が白く濁り、視力の低下を招きます。

白内障は決して特別な病気ではありません。一般的には加齢とともにその割合がかなり高くなります。

加齢によるものは老人性白内障(加齢白内障)といわれています。

白内障で7割以上を閉める老人性白内障ですが、年齢的には早い方で40歳頃からはじまり、80歳頃にはほとんどの方に何かしらの症状が出るといわれています。他にも先天性や外傷性によるもの、薬剤や放射線による白内障、30〜40歳代くらいの比較的若い年齢の方でも、アトピー性の白内障や糖尿病による白内障が発症することがあります。

以前、白内障手術を受ける方は、高齢で点眼がご自身で難しくなる前がその時期だということが言われていました。
しかし、最近は、70歳を超えても健康な方は多く、そのような心配がなくなりました。
逆に60代の比較的若い時期に手術を受け、その後の生活水準を高めるようとされる方も多くおられます。

手術時期に関しては、患者様のご判断によるとは思いますが、ご自身の生活環境などをお考えいただき、お決めいただければと思います。
 

 

主な症状

白内障が進行していくと、目がかすんだり、ぼやけて見えにくい(視力の低下)といった症状が現れます。

ほかにも、ものが二重三重にだぶって見えたり、光がまぶしく感じるなどの症状が現れます。

日常生活では、夜間に車の対向車のライトがまぶしく感じたり、晴れた日の屋外がとてもまぶしく感じたり、散歩の際に朝日・夕日がまぶしいと感じる方も多いようです。

そいった症状を感じた方は、早めに当院で検査を受診してください。

両眼が同時に白内障になるケースはむしろ稀で、どちらが一方が早く進行します。その際、片方の目が見えづらくなってももう片方の目が視力を補ってしまう場合が多く、早期発見が遅れることがあります。日ごろから片目で同じ印刷物などを確認する習慣も必要です。

 

手術適応

まずは当院でしっかりとした検査を受けてください。

検査の結果、白内障が進行し、適応を認めた方には白内障の手術を実施しています。

当院では日帰り白内障手術を実施しています。内科を受診されている方や投薬などをされている方もほとんどが白内障手術が可能です。事前に必ず主治医の先生に手術の可否についてお問い合わせをした上で手術に臨みますので、無理に行う事はありません。

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

TEL 086-237-8838

〒071-1352 岡山市北区小山38-5

お問い合わせ

お問い合わせ

 

白内障の知識

きたばたけ眼科医院岡山市北区白内障緑内障小児眼科